籐の正月用小物(羽子板・扇子)



籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から
お正月飾りのの定番。羽子板と扇子を編みました。

長さをかえて大小作ったり、飾りをアレンジすると楽しくなります。

籐の羽子板

籐の羽子板
【サイズ】
高さ40cm×幅15cm 

【材料】
籐本晒し丸芯1.5mm 籐未晒し丸芯5mm 
羽根 水引飾り

【ポイント】
40cmの丸芯5mm3本を端と10cmの部分を本晒し丸芯1.5mmで巻きとめます。両端に1本ずつ足してす編みを3段編み、また両端に添え編みます。計4本ずつ足したら、少しずつ広げながら編んでいき、途中で引き返しながら、すかしを入れます。最後は2本縄編みでとめ、5mmの長さを切りそろえます。羽根と水引を飾ります。水引は祝儀袋のを使いました。
籐の扇子

籐の扇子
【サイズ】
高さ30cm×幅20cm 

【材料】
籐未晒し丸芯2.5mm 3mm 籐未晒し半芯5mm 緑色の皮籐 染料(緑・黒) 千両の造花 水引

【ポイント】
材料を濃い緑色に染めておきます。真ん中あたりで、5mmの半芯、3mmの丸芯3本、5mmの半芯というように2本縄編みでとめていきます。半芯5本をとめたら、端を合わせて縛り、扇の要にします。皮籐で端を巻き、半回転しながら表面がいつも皮籐の表になるようにして広げながらあんでいきます。編み上がったら2本縄編み2段で縁の始末をします。千両の造花 水引を飾ってできあがり


籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から


トラックバック

 トラックバックURL:http://doremi3.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/809