ベニヤ板を使った簡単に編めるかご



籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から
籐はあつかいに慣れないとなかなか「かご」になりません。

そこで、底をベニヤ板にした簡単な「かご」をご紹介します。

ベニヤ板を好みのサイズに切って、作ってください。
丸だけでなく、楕円形や四角、ハート型なども作れます。

   ★画像をクリックすると拡大されます

★道具



はさみ・目打ち・メジャー



★材料



直径20cmのベニヤ板
(1cm内側に約2cm間隔で穴を開ける)



籐丸芯2mm 約100g
 40cm 穴の数
 30cm 穴の数



籐丸芯5mm(取っ手)

1.40cmの長さに切った丸芯を1本ずつベニヤ板の穴に通していく。



2.裏側に約10cm出しておく

1.裏側に出した丸芯を右隣の丸芯を越して表に巻きこみ、次の丸芯に引っかけるようにする



2.ぐるっと巻き込んだら、最後の丸芯は、最初の丸芯の下をくぐらせて、次の丸芯に引っかける

1.3本縄編みで、出てきた丸芯を押さえていく



★3本縄編み



3本の編み芯を1本ずつたて芯の間に挟み、一番左の芯を右2本の編み芯の上を通って交差させ3組目のたて芯の裏を通って表に出してきます。



2.1本を長くあとの2本は短い丸芯を使うとからまなくてよい。

1.立ち上がった丸芯が内側に倒れないように注意しながら、3段編む

1.3段編み終わったら、30cmに切った丸芯を立ち上がっている丸芯の右となりに差し込んでいく

1.素網を3cm編んだら、アクセントのために茶色に染めた丸芯を5段(約1cm)編む



2.もとの丸芯に換えて、また3cmほど編む



3.3本縄編みを3段編む

1.ふちの始末は、基本の留め



★基本の留め



たて芯を右隣のたて芯の後を通って前に出します。3本したら、一番最初に倒したたて芯を交差させ裏側にいれ、以降、その作業をくり返します。最後までおこなったら、内側に出ている丸芯を右隣の丸芯の上を通って裏がわに差し込みます。

1.余分な丸芯をきれいに切りそろえます。



好みで、5mmの丸芯をさしこみ編み芯で飾り編みをして完成

★参考作品

楕円形のベニヤ板を使えば、かなり大きなかごが編めます。



ふちの始末は三つ編み止め。ふちが太くしっかりするので、できあがりがきれい



籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から


トラックバック

 トラックバックURL:http://doremi3.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/791