ラタン(籐・とう)とは?



籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から

籐(とう)とは?

籐(とう)とは、主に東南アジア等に多く自生している、
椰子科 (ヤシ科)のツル性植物です。日本では育ちません。

rattan1.jpg rattan2.jpg


自然に生えている籐の表面は外皮は厚く、棘のある植物で、
その性質は軽く、強靱で、20〜30メートルのつる状になります。

太さは3mm前後から50mmくらいまであります。
この籐の原木がいろいろと加工され、輸入されています。

日本で輸入している数多い籐の種類を用途別に分類すると、

● セガ籐(丸籐)
● ロンチ籐(丸籐)
● 紅籐
● トヒチ籐
● 籐芯

籐の椅子や家具は人気が高いですね。



籐と竹の違いは?

加工された籐製品はよく竹と間違われる事が多 くあるようですが、
竹と籐との違いは縦に割ると分かります。

竹は 節と節の間は空洞になっていますが、籐の方は節は有 りますが、
その中身は籐の繊維がぎっちり詰まっています。

籐はどんな形に加工されても呼吸をしています。
梅雨時はじめじめした湿気を吸収し、冬の乾燥のは吸収していた湿気を吐き出すので、
自然のエアコンとなっています。

籐の性質を利用して編む

籐は特別な道具も使わないで、
手編みでまろやかな曲線を描くことが出来るのが魅力です。

天然素材の籐を水に浸すとひものように柔らかくなり、乾くとまた固くなります。

その特性を生かし形作っていきます。

籐はかごだけでなく、繊細な人形や花も編み上げることが出来ます。

一本のひも状の素材から立体的なものを作り出す楽しさを

     あなたもぜひ味わってください




籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から


トラックバック

 トラックバックURL:http://doremi3.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/630