ラタンアートへの想い



籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から

ラタン・アート(籐工芸)との出会い

★1981年5月


私が初めて籐でかごを編んだのは、息子が幼稚園に入園してまもなくのこと。「母の会」の活動として、鉢カバーを教えてもらったのです。

家には鉢植えの植物がたくさんあったのと、もともと、手工芸が大好きな私は、簡単に1本のつるから立体を作り上げる籐工芸がすっかり気に入りました。


rattan3.jpg


幼稚園で教えてもらった鉢カバーだけではもの足らずに、早速、1冊の本を購入し、手芸店で籐の材料を買ってきました。


籐のかごは短時間で編めること、また、つなぎの処理が簡単なことが、私の性格にマッチしたのでしょうか、それからは、籐をキロ単位で買ってきては、数冊の本を参考にして掲載されている作品をどんどん編んでいきました。


しかし、本は所詮、ガイドブックに過ぎなかったのです。


作りたい作品があっても本にあるような材料は地元の手芸店では手に入らないし、肝心の編みたい作品の作り方は本に掲載されていないし、作り方の出ている作品でも、肝心なところが抜けている・・・


★1983年6月


独学ではもう限界かなと思っていた時、両親が「植木祭り」の帰りにNHKのアートギャラリーで開催されていた籐の作品展を見てきました。素晴らしい作品がたくさん展示されているということで、私にも見てきたらいいと勧めてくれたのです。


それが、「ラタンアート」だったのです!!


rattan11.jpg


『ラタン・アート』・・・それは、もう、籐のかごの世界ではありませんでした。そこにあったのは、夢・・・まさに、ファンタジー!幻想の世界でした。


美しく染色された花々、愛くるしい人形たち、そして、オブジェ・・・


籐に限界を感じていた私は超感動!!その場で、「真木雅子ラタンアートスクール」に入会希望を出し、翌週のお稽古日には、教室にいました。


ラタンアートの出会いが、それからの私のターニングポイントになりました。



ひたすら、籐を編む毎日 !!

教室に通いはじめた頃は、いままで、分からなかった編み方や始末の仕方がどんどんクリアできて、きちんとした作品が出来上がっていくのですから、もう、うれしくて飽きることはありませんでした。


毎日が楽しくて、ほんと毎晩編んでいました。子供を寝かしつけてから編み始めるのですが、しばらくすると、3才の娘が目を覚まして作業をしている部屋まで泣きながらやってくる。しかたなく、中断してまた寝かしつけてから再開。気がつけば、徹夜ということもしょっちゅうでした。


当時は専業主婦で実両親と同居でしたので、時間はかなり融通できていました。


教室は週1回、1教材なのですが、私は同時に2,3つは編んでいました。先週渡された教材を出きるところまで家で編んできて、分からないところを聞き、そこを編んで残りはまた家で編んで仕上げる。今週の教材をもらって、ポイントを聞きながら時間内で編めるだけ編む。終わりに来週の教材をもらって、ポイントを聞いて帰る。という具合です。


ですから、教室で支払う教材費はいつも・・万円を越えていました。しかし、私は月謝を出し、母に教材費を出してもらっていたので、教材費はかかっても出来るだけはやく終わらせばよかったのです。


そのおかげで、約半分の時間で課程を修了し、インストラクターの資格がとれました。


教室で与えられた教材・課題は毎回必ず仕上げていました。時には同じものを2,3個作ることもありました。それは、教材費を出してくれる母の条件だったからです。


そのことが作品を手際よく短時間で仕上げていくこつが身に付く大きな要因となりました。作り上げた作品は、あまり手元に残ってはいません。大半は母がプレゼントとしていろんなかたに差し上げていたのです。


教室では、年に1回、作品展があったので、時間をかけて大きな作品に取り組むことが出来ました。


rattan9.jpg


最初の作品展に出品したのは、籐の花で「ストック」と「ばら」でした。


2回目からの作品展は、籐の人形を中心に編みました。


籐の花も素敵でいいのですが、1枚1枚花びらを大量に編んでいくという単純作業が苦手で、人形みたいに編みながら、全体が出来上がっていくものの方が私の性格にあっていたからです。


また、腕を磨くにはいい機会がありました。年末に開催されるデパートでの「NHKの手作り作品チャリティーバザー」です。


籐の花、小さな人形、かご、クリスマスやお正月用の季節の小物などを作って売り、その収益の一部を「歳末助け合い」に寄付するというイベントです。


ほとんど材料費だけという値段に設定しているので、例年大好評で、多くの売り上げがありました。


新しい作品を考案し作成、売り子まで行った経験はとても楽しく、役にたつものでした。


ラタン・アート(籐工芸)を教え初めて

★1999年


私がインストラクターの資格を取って間もない頃、指導してくれていたM講師が真木雅子ラタンアートスクールから独立しました。私たちは、その講師についていくか、本部に残るかで、教室の中が分かれてしまったのです。


私は、本部の作品よりもM講師の作品の方が好きだったし、魅力的だったので、ずいぶん迷いましたが、私もインストラクターの資格を取ったのですから、いつまでもM講師に甘えていないで自分のオリジナルの作品を作らないといけないと決心し、本部に残ることにしました。(現在、M講師は東京で制作活動を続けておられるようです。)


それからは、本部から教材と作り方が通信教育という形で送られ来るようになりました。本当は、東京や大阪で開かれている講習会に出かけて行かなくてはならないのですが、四国に住んでいるので無理なので、出来上がった作品は、写真に写して本部に提出するということにしていただきました。


しかし、作り方を見ても分からないことが多々あり、作品によっては今までのようにきちんとした仕上がりにならないことがでてきました。やはり、直接教えてもらうことがいかに重要かということを痛感しました。


一方、私は自分の友人や、作品展で依頼されて、月2回のペースで自宅で教室を開きました。生徒数は6名ほどですが、わいわいと賑やかな雰囲気でした。


人に教え始めてわかったことですが、自分では簡単に編めるところでも、人に編み方を教えるというのは別問題。


rattan8.jpg


実際は、籐は右手で編んでいるのですが、意識していない左手が重要な働きをしていることがわかり、最初の頃は、編み方の説明をするときに、「ちょっと待って!」と言っては、自分の手を動かして、それをよく見てから説明したものです。


教室の先輩がNHK文化センターで講師をする事になったので、月2回、助手として手伝うことになりました。恒例の年末のチャリティロビー展にも一緒に作品を提供して行きました。


人に教え始めてから、いつも編むときにいろんなところに注意をするようになり、自分自身の手際もよくなり上達したように思います。


人に教えられるようになって初めて一人前になれると言われていますが、まさに、その通りですね。今更ながらM講師の偉大さ、すばらしさを感じています。




籐材料のお求めは 小西貿易(籐材料輸入販売)
★籐工芸の材料・道具★から